プリザーブドフラワー、親鸞会、神戸牛販売

あまり宗教は気にしていないという人でも、家の宗派は浄土真宗だと言う人は結構います。 法事などでありがたい法話を聞くこともあると思いますが、お参りや日常生活でのマナーを聞く機会は少ないでしょう。

浄土真宗の宗派の人を門徒といいますが、お寺のさまざまな法要にお参りすることもない人は、門徒という言葉もわからないかもしれません。

しかしご先祖様を供養する気持ちを大切にするためにも、せめて仏壇のマナーくらいは知ってほしいものです。

例えば、浄土真宗の仏壇には水やお茶は供えず、仏飯のみを供えるということや、線香は立てずに香炉に寝かせて供えるということなど。 なかなか法事の後の法話でマナーのことまでは教えてもらえません。

時にはお寺にお参りし、わからないことを調べてみるのもいいでしょう。
もっと詳しく知りたい親鸞会情報はここ。親鸞や仏教の情報ブログ。

クリスマスリースをプリザーブドフラワーで作る場合はさまざまな方法があります。 1つ1つ組んでいく方法やワイヤリングをする方法、あるいは茎に接着剤をつけて挿していく方法などもあります。

中でも初心者でも簡単にできるのが、グルーで貼り付けていく方法。 プリザーブドフラワーでクリスマスリースを作ると、比較的作業に時間がかかってしまいますがグルーで貼り付ける方法は短時間で行うことができます。

花を直接貼り付けるとき、フローラルテープで少しずつまとめてからグルーで貼ると綺麗に仕上がります。また低予算で、ボリュームのあるアレンジに仕上げたいときは、松かさなどを拾ってきて使用するという方法があります。

この場合は拾ってきた実などを使う前に水に漬け、よく乾燥させてから使うと、虫などの混入を防ぐことができます。