SEOするならキーワードが重要

インターネットの検索画面でキーワードを入れると、数万件は下らない数のサイトが表示されます。

ではそのうちの何件のサイトがアクセスされるでしょうか。SEOの解説書などによれば、ほとんどの閲覧者が1ページだけしか表示せず、従って10件のサイトしかアクセスの可能性を持たず、しかも上位3〜5件しかアクセスしないと記されています。

経験的に更に厳しく言えば、第1位表示のサイトが探そうとする目的のサイトである場合も多々あるので、実際には5件も閲覧していないはずです。

個人のサイトであれ商業サイトであれ、大阪をキーワードにすれば膨大なサイトが検索されます。従っていかに検索上位に表示させるかは大きな問題です。

特に商業サイトの場合はたった1位2位の違いだけで売上額に莫大な差が生じるでしょう。SEOでこの問題を解決するのは短期的には難しいです。

検索エンジンのアルゴリズムも時々変わるので、それに対応するには日々の更新と柔軟な変更ができなくてはなりません。一般的にはドメインの年齢が大きいほど有利です。

またページ数が多く、適切な階層を持ち、相互にリンクしている構造が必要です。HTML上ではキーワードが重要です。

様々な立場の閲覧者を直ちに誘導するためには、適切なキーワードを豊富に、かつ適切なグループ分けを伴って配置していなくてはなりません。

これはサイトを構えてから検討するのではなく、事前に周到に準備すべき事柄です。