SEOするならキーワードが重要

インターネットの検索画面でキーワードを入れると、数万件は下らない数のサイトが表示されます。

ではそのうちの何件のサイトがアクセスされるでしょうか。SEOの解説書などによれば、ほとんどの閲覧者が1ページだけしか表示せず、従って10件のサイトしかアクセスの可能性を持たず、しかも上位3〜5件しかアクセスしないと記されています。

経験的に更に厳しく言えば、第1位表示のサイトが探そうとする目的のサイトである場合も多々あるので、実際には5件も閲覧していないはずです。

個人のサイトであれ商業サイトであれ、大阪をキーワードにすれば膨大なサイトが検索されます。従っていかに検索上位に表示させるかは大きな問題です。

特に商業サイトの場合はたった1位2位の違いだけで売上額に莫大な差が生じるでしょう。SEOでこの問題を解決するのは短期的には難しいです。

検索エンジンのアルゴリズムも時々変わるので、それに対応するには日々の更新と柔軟な変更ができなくてはなりません。一般的にはドメインの年齢が大きいほど有利です。

またページ数が多く、適切な階層を持ち、相互にリンクしている構造が必要です。HTML上ではキーワードが重要です。

様々な立場の閲覧者を直ちに誘導するためには、適切なキーワードを豊富に、かつ適切なグループ分けを伴って配置していなくてはなりません。

これはサイトを構えてから検討するのではなく、事前に周到に準備すべき事柄です。

Rank Brain対策ならロングテール検索がseoに有効

Rank Brain対策の一つとして挙げられるのが、ロングテール検索の設定です。ロングテール検索は、検索クリエに入力されたキーワードが、メインキーワードに繋がるために、不特定多数の単語を検索することです。

この不特定多数の検索された単語の意味を理解して、検索結果へと導くのがRank Brainの能力といえます。

自身のホームページのメインキーワードのほかにも、サブキーワードの設定がされているかを確認することにより、アルゴリズムの評価が上がり、seoの順位も上がってくるでしょう。しっかりと対策することが重要といえます。

Google社が開発するseoやRank Brain

Google社が開発するseoやRank Brainについては、インターネットを熟知している方にとってはおなじみのアルゴリズムでしょう。

一般の方にはわかりにくいかもしれませんが、インターネットは快適に使用できるために、さまざまな工夫が施されています。その一つがGoogle社のおこなうseoやRank Brainのアルゴリズムです。

このようなアルゴリズムについては、ユーザーの動きを予測した上で作られていますので、安全性はもちろんのこと、便利に利用できるようになっています。ホームページ制作者に関しては、それぞれのアルゴリズムをしっかりとリサーチしおこなうことが大切でしょう。

ユーザーのためのサイトでRank Brainとseo対策

Rank Brainとseo対策の共通点と言えば、ユーザーのためのサイト作りを行うことです。

直接seoの評価に関わってきませんが、コンテンツが設定しているメインキーワードによっては、上位に表示されたりするでしょう。それは、Rank Brainが行っている検索クリエの処理が関係してあり、クリエの関連性を見つけて学習し意味を理解するので、子ページにサブキーワードを設定して、いかにメインキーワードへと導くのかが鍵になります。

ですが、元々のコンテンツが充実していなければ、順位評価も上がりませんので、十分注意しましょう。

インターネットで儲けたい方のためのseo会社大阪、東京

有限会社ティーケイティー
〒550-0002
大阪府大阪市西区江戸堀1-23-35
〒102-0083
東京都千代田区麹町2-10-3 エキスパートオフィス麹町
http://www.seo-foa.com/
http://www.sem-consult.jp/

SEO対策についての情報